ホームページ

聴診器

誰でも美しい体を手に入れることが出来るのが美容整形です。どんな人でも美容外科を利用することで、顔のパーツやプロポーションを整えて、憧れのタレントの顔に近づくことができます。特に最近の美容外科は敷居が低くなってきていて、病院というよりもエステサロンのような感覚で利用できます。今の美容外科の開業医は、メスよりも先にレーザーを揃えるそうです。それだけメスを使わない整形がメインになってきています。また、メディカルエステという医療技術を応用したエステサロンもあり、エステティシャンを募集している病院の広告も増えてきています。外見にどんなに深い悩みを抱えていても、レーザー一本あれば治療できるのが今の美容外科なのです。

美容整形の世界でよく聞く言葉が「ダウンタイム」です。ダウンタイムとは、手術を受けてから日常生活に復帰するまでにかかる時間のことを指します。特に麻酔を伴う大きな手術をしたあとは、体に大きな負担がかかります。手術によっては腫れ、内出血、痛み、赤みなどが長期間続く場合もあります。基本的に切開をしたり、縫合をしたりする手術になるほどダウンタイムが長くなります。レーザーや注入法などだと、「ダウンタイムなし」の整形も多いです。ただし、ダウンタイムには個人差があります。まったく腫れも痛みもない人もいれば、痛みをひどく感じる人もいます。ダウンタイムを考えて、術後はゆっくり休めるようにスケジュールに余裕を持って手術を受けると安心です。