技術力

医師

近年、美しくなりたいとか、かっこよくなりたいという願いをいだく人が年齢や男女の別なく多くなっている。以前では、外見を気にしすぎるのはどうか、という風潮もあったが、今は完全に違う。なぜなら、ある人にとってみれば、外見は商売につながり、お金を得るために必要だからだ。つまり芸能人などがそうである。これには子役の子供や、モデルなども含まれている。さらに、アイドルの卵というべき人もそういえるだろう。そういう人にとって、美容整形や美容外科などは、なくてはならない存在である。例えば、あるオーディションさえ通れば、認知度が高まり、これからの活動が有利に運ぶと分かっていれば、美容外科や美容整形に走るのも、何となく想像がつくだろう。そのようにして美容に関する考え方は、以前とは違う新たな価値観に、支配されているといえるだろう。

前述でも述べたように、美容外科や美容整形は、違う観点らも注目されている。それは、体に障害や傷ともいえる症状を負った人達に施されるものである。そういう障害や傷を負った人達は、外見以上に心の傷が深く、自尊心が弱ってしまうケースが非常に高い。更に、学校や社会の負の風潮として、そういう人達を偏見の目で見る傾向が残念ながらあるからだ。もちろんそのような見方を全ての人がしている訳ではないのは事実であるが、それでも当人達は辛い想いを耐えてきたと言わざるをえない。そんな気持ちに明るい希望を差し伸べたのが、美容外科やその業界である。彼らや彼女達の辛い過去を払拭できるからだ。例えば、ある女性は子供の頃から髪の毛が無く、辛い想いを強いられてきた。しかし、美容技術の力により、女性らしい髪の毛を取り戻す事ができ、生活が一変した。つまり自身をもって生活ができるようになったからだ。このような声を聞くと、美容外科という言葉の意味合いが違ってくる事が理解できるだろう。このような問題の解決を期待できる、美容外科や美容整形に今後も期待をよせたい。